新しい生き方への示唆:その2

 
前の記事では、
成功するリーダーが、
どのようなアプローチで
自らのVisionを表現し、人を動かしているか
をご紹介しました

 

さて、その続き
組織論・マネジメント論の方では
どう表現されているのでしょうか?

2.マネジメントで

組織をマネジメントする分野で
特に米国で言われていることに
次のようなものがあります

組織の3階層:Visionary - Explorer - Worker

基本的に人間は3種類である
Visionary
Explorer
Worker

Visionaryは
新しいVisionを提示し

Explorerが
その実現方法を探索し

Workerが
実際にモノを作る

 
この理論は、ピラミッド型の模式図で説明されることから
一瞬、人間の優劣や支配構造を表しているかのように受取ってしまい
差別的だと感じる方もおられるかも知れませんが
この理論が言いたいのはそういうことではなく
「社会的な役割分担」としての実際です

 

つまり、
iPod/iPad/iPhoneなど
これまで世の中には無い、全く新しい機器・仕組みを
発想するのはVisionaryの役割です
 
ですが、Visionaryだけでは
どうやって具体的にモノとして生産ラインに乗せるか
は判らないものです
 
そこは技術論・手法論を始めとして
実際の部品調達、
生産ラインを担う工場・企業の発掘や交渉
など、実に複雑で多岐に亘る業務が必要になってきます
 
この部分を担うのが
手法探索者としてのExplorerなのです
 
そして、Explorerだけでも
「モノとしての製品」は生産できません
 
Explorerが探索した手法・製造方法を
忠実に再現し、一定の品質を維持する生産活動を続けられる
Workerの存在が欠かせません

 
つまり、
Visionary
Explorer
Worker

どの役割が欠けても
新しい製品は、世の中に提供されることができない
訳ですから

どの役割も重要ですし
お互いに、他の役割の方々がいるからこそ
自分の役割に徹底集中できる
ともいえます

 
ただし、これらの役割分担の性格上
Visionary < Explorer < Worker
の順に人数が多くなることは
お分かりいただけると思います

 
では、前記事でご紹介した
成功するリーダーのアプローチパターンと
このマネジメント論を並べたら
どんなことが判るのでしょうか?(o^-‘)b

 
それは、次の記事でご紹介いたしましょう~V(^^)v

新しい生き方への示唆:その1

先日、ふと
マーケティングにも関係するリーダー論と
組織マネジメントのある理論を組み合わせて
新しい生き方・志向性が判りやすくなる
アイディアが降ってきましたので、
シェアしたいとおもいます(#^.^#)

 
目次的には

1.リーダー論で
2.マネジメントで
3.両者を統合する
4.新しい生き方の示唆

となっています

 

それでは早速始めましょう…o(^o^)o

 

1.リーダー論で

TEDという動画コンテンツをご存知でしょうか?

1テーマを数分~十数分で、非常に判りやすく紹介・解説する
プレゼンテーションが、ギッシリ詰まっています
 
その中でも傑出しているもののひとつが
サイモン・シネック氏による
「優れたリーダはどうやって行動を促すか」
です

 
何故、アップル製品だけが
徹夜の列をなしてまで欲しがられるのか?
 
米国の黒人差別と戦った人々の中で
何故、キング牧師だけがムーヴメントを起こせたのか?
 
多くの人々が挑戦した「空を飛ぶ」ことに対して
何故、資金も理論的背景も乏しかったライト兄弟だけが
成功したのか?
 
というという問に対して
 
サイモン氏は、
これらの成功したリーダたちと
普通の人々とでは、行動原理が正反対である
ことを
シンプルな3つの同心円モデルで
見事に見切っています

 
サイモン氏は、このモデルを使って
・売れる商品説明のアプローチ

・通常の(売れない)商品説明のアプローチ
の何処が本質的に異なっているのか
を明瞭に説くのです

 

ゴールデンサークルと彼が呼ぶモデルは
図のとおりです
サイモンシネック氏のゴールデンサークル
詳細は、記事末尾に張ったリンク先の
TEDで語ったサイモン氏のプレゼンを
ご覧頂きたいのですが
概要をかいつまんでご紹介すると…

ありがちな説明は
●What
こんな製品を開発しました!

●How
これを使うと、こんな事ができます!

一つ買いませんか?

と、ゴールデンサークルの外側から
内側へ向かう説明方法となっているが、
これでは購買意欲が湧かない

成功するリーダーは
まず
●Why
何を考えているのか
何を目指しているのか
目標を明確に語っている

●How
次に、その目標に到達するための
方法を提唱し

●What
最後に実現したモノ・コトを提示する

人は、
・人の何故
・コミットメントされた目標・ビジョン
に共感する生き物であり
 
だからこそ、
成功するリーダーは、
Why→How→What
という
ゴールデンサークルの内側から外側へ向かう
アプローチによって
人々に行動を促している

 
という
サイモン氏の
成功するリーダーの「志向性原理の発見」なんですね
 
なかなか面白い理論ではありませんか?

 

それでは、組織論・マネジメント論の方では
どうなっているのでしょうか?(o^-‘)b
 

それは、次の記事でご紹介致しましょう~V(^^)v

 

サイモン氏による

オリジナルのプレゼンテーション(日本語字幕付)

こちらです

 
是非、ご覧になってみてくださいね(o^-‘)b

喜業塾:はれっと∞

はれっと∞校
(一社)日本マインドブロックバスター協会 公認のマインドブロックバスター養成校です V(^^)v

はれっと∞校のFaceBookページはこちらです (o^-‘)b
セッション・養成講座のお申し込みはこちらから どうぞ

2017年10月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
お薦めの書籍等
こよみ
天気予報